長年棲み続けている或る「庭」の現実からの直接・独自の考察・雑感。

2020年9月24日木曜日

つるバラ 経過観察

壊れかけたバラのアーチ 。

5月末花後を少し切った後、今年は雨が2か月ほど続いた。

8月に入ると、今度は急激な猛暑が続く。

その間につる枝は伸びるのだが、

葉の色も悪くなり、枯れ落ちてきた。

切り取ってしまおうか迷っているうちに日が過ぎていく。



9月に入り、ふと見ると、先端の葉が復活してきている。


自由に伸びてしまったつる枝は切り取らず、

アーチの下は通らなくし、

迂回して裏手に回る小道を整備した。


脱け殻のようなアーチは 人のスケールの添景となる。

あまり手を加えない自然も、それなりの魅力はあるものだ。


在るが儘か そうしないか

それが問題だ。




0 件のコメント:

ブログ アーカイブ