長年棲み続けている或る「庭」の現実からの直接・独自の考察・雑感。

2020年9月28日月曜日

アカメガシワ

 9月初旬、お盆過ぎに切り詰めた庭のアカメガシワをさらに切り詰める。

夏場一杯 直ぐに伸びてきて繁殖してしまうので、かなり詰めている。


ふと見ると、葉の裏に沢山の蝉の脱け殻が付いている。

ここ2週間のうちに這い出たらしい。



小さくした木に、所狭しと場所を争うようにして。

一枚の葉に何匹もついているのもある。

こんな木でも 役に立っていたのか。


9月下旬、玉川上水の堤をふと見ると

半年前にケヤキの大樹などバッサリ無くなっていた所に

早くもアカメガシワがびっしりと生え繁っている。


その下の木陰をかつてのごとく、秘めやかに水が流れていた。







ブログ アーカイブ