長年棲み続けている或る「庭」の現実からの直接・独自の考察・雑感。

2020年7月25日土曜日

7月25日 水紋



強い雨、強めの雨、まばらな雨。

雨がコンクリートのたたきに薄く溜まりつつ
次々と水紋を描き直す。
空の明るさと木々の影を映し出しつつ。

水紋が美しく出るのに丁度良い雨の強さがある。
その時に見てると、いつまでも見飽きない。




見始めは 殆ど同じような紋様の繰り返しに見えるが、やがてその時々微妙に違う個性豊かな風景が見えてくる。

雨粒が落ちると起点が発生しそこから直ぐに正円となって広がっていき、消える。
次々とそれが起こり、隣り合った円の波が干渉すると、時間差と強度に応じて独特の文様が現れる。

見ているものは、残像か否か。
目と脳のシャッター速度も変化し揺らいでるようで定まらない。

それは目をつぶっても 無くなる訳ではない。づっと描き続けている。
こちらの意識とは関係なく 現れては消え 運動し続けている。







0 件のコメント:

ブログ アーカイブ