長年棲み続けている或る「庭」の現実からの直接・独自の考察・雑感。

2020年10月31日土曜日

つるバラ 観察経過2

 秋になってまた長雨に。

伸びたツルは先端を残し、すっかり枯れ落ちてしまっていた。

再び晴れが続くと何もなかった途中の枝部分に

ポツポツと新しい芽が出てきた。




環境に応じて刻々と変化する。

はたして、この芽はなんのためのものか。

太陽を浴びて

根に養分を送るためか、
それとも根を消費しているのか。




来春の花を期待する人の意図と
つるバラ自身の意図とは、多少ズレがあるかも知れぬ。





0 件のコメント:

ブログ アーカイブ